トイレ床の水漏れ原因

トイレ 水漏れの中でも特に心配なのは、トイレの床から水が漏れてしまうことです。日に日に増えていく水漏れに不安を感じつつも原因が分からない、どう対応していいのか分からないから放置していませんか。床の水漏れは少量だから大丈夫と思っている方も要注意です。濡れていることを放置すること大変なことになってしまいます。今回はトイレの床で起こる水漏れについて紹介します。

トイレ 水漏れが床で起こる原因

床で水が漏れる原因は便器の下に設置してある排水管が原因の可能性があります。排水管が劣化して亀裂などの損傷が起ることで上手く排水できなくなり、床に水が溢れ出てきてしまいます。この場合、トイレを一度外して排水管を新しくするなど、損傷部分を修理しなければ直ることはありません。
トイレを新しくした時に起こる水漏れは設置ミスが考えられますので、便器の中の水に絵の具や墨を垂らし色をつけます。床に水漏れしている水に色がついていれば設置ミスということになりますので、設置した業者へ連絡をし、再度正しく取り付けてもらうようにしましょう。この場合も一度取り外して修理を行います。

■トイレの床を水漏れさせない方法

配管やパッキンなど自分の努力では故障を防ぐことは難しいですが、結露であれば自分で防ぐことができます。寒い冬などは部屋とトイレで温度差が出てしまいます。トイレが冷えてしまうと便器が結露し水が発生します。この水が床を濡らしてしまう原因になるので、便器が冷えないよう換気扇などを使用することがおすすめです。
便座の温度を上げることで便器を冷やさないことも効果があります。結露を防ぐことで配管を傷つけることもありませんので、水漏れを起こしにくくもなります。結露してしまった場合は、すぐに拭き取ることでカビや悪臭を防ぐことができますので、まめに行うようにしましょう。

■まとめ
トイレ 水漏れは床へ大量に溢れることがないため放置しやすい場所ですが、直ることはなくどんどん状態が悪くなってしまうので、気づいた時に修理するようにしましょう。長期間放置していると床が腐ってしまう危険や、漏電、感電などの危険もあるため注意が必要です。床が黒く汚れて落ちない原因にもなります。修理が必要か判断できない時は相談窓口がある業者もあるので、問い合わせてみると安心です。早めに修理を行うことで短時間や少ない範囲の修理で直ることもあります。自分で修理することができない場所なので無理に取り外そうしないようにして下さい。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ